ウイナーズサークルの楽しい日々

【笠松】馬主会ウイナーズサークルの記録




生産のコツ(プレ会員編) :: 2012/05/25(Fri)

あくまでもキャスバル流なので、参考として読んで頂ければと思います。

まずショウゴさんの書いてくれたBBSのスレ『◎初心者向け◎生産基本~応用編』を読んでください。
わかりやすくてステキです(゚∀゚ )(いきなり人任せっ)

強い馬の生産は繁殖牝馬の質で決まる!というわけで、良い自家製繁殖牝馬を作るコツ

繁殖牝馬選びのポイント
・EX牝馬(できればレア個性)
・ニックスがある血統(ナスルーラ・ゲインズボローなどは極力避ける)
・主要血統や次の代(繁殖牝馬)でニックスになる系統の血が少ないもの
*次世代でアウトニックスにするために、やむなくインブリードになってしまう場合は必ずインブリニックスにする

・EX牝馬(できればレア個性)
繁殖牝馬のパラに関して、SやSSの数が同じ繁殖だとしても、レア個性の繁殖の方がパラが良い馬が多い気がします。普通のEX繁殖牝馬だとSSのパラでも、限りなくSに近いSSの事が多いような気がするので。(キャスバルの主観)

・ニックスがある血統(ナスルーラ・ゲインズボローなどは極力避ける)
ニックスで繁殖のパラのベースアップを目指すので、
クリフジやキンチェムやブロードアピールやトウメイなどは避けましょう。
*どうしても使うのであれば遺伝SSのアウトブリード(遺伝まかせ)

・主要血統や次の代(繁殖牝馬)でニックスになる系統の血が少ないものわかりやすいところで言えばノーザンダンサー、ヘイロー、ミスタープロスペクターの血が薄いほうが良いです。あくまでも質の良い繁殖牝馬の生産をしているというスタンスで、次の種付けをしやすくするように考えてください


・遺伝S以上(良パラの遺伝Sと若干パラ落ちの遺伝SSなら、遺伝SSの方を優先)種牡馬のパラが若干悪くても遺伝が良いと、繁殖牝馬のパラの方が優先されて子供に影響しているように感じます。できる限り遺伝SSをつないでいきましょう。

・アウトニックス
繁殖牝馬に求められるのは平均的に高いパラです。インブリードだとポイント的に高いパラになるかもしれませんが、弊害(気性パラ落ち、全体的にパラ落ち)が多い気がします。アウトニックスで平均的にベースアップさせましょう。

・主要血統や次の代(繁殖牝馬)でニックスになる系統の血が少ないもの繁殖牝馬選びのポイントでも同じことを言いましたが、ノーザンダンサー、ヘイロー、ミスタープロスペクターの血が薄いほうが良いです。あくまでも質の良い繁殖牝馬の生産をしているというスタンスで、次の種付けをしやすくするように考えてください。

牧場に残す繁殖牝馬選びのポイント
・左のパラ(ゲートを除く)が良い馬
・持続S以上(仔の持続パラは種牡馬の持続パラの影響を受けず、繁殖牝馬の持続パラで決まる)
・アウトニックスになる遺伝S以上の種牡馬の種付けができる馬

・左のパラ(ゲートを除く)が良い馬
当たり前ですが左のパラが良い馬を残しましょう。
右パラが良いに超したことはありませんが、
母が芝EダートEだったにもかかわらず、
芝Aの子が生まれたりしているので・・・
現相馬眼を使っているのであれば細かく記録を残しておいたほうがいいです。
例えばSSでも壁に近いSSなのか、
Sに近いSSなのかを正確に出しておいたほうが良いです。
☆35だとしても実際は☆28に近い☆35だったりする場合も考えられます。

・持続S以上(仔の持続パラは種牡馬の持続パラの影響を受けず、繁殖牝馬の持続パラで決まる)
これに関しては受け売りなんですが、
種牡馬の持続パラは一切生産に影響しないみたいです。
持続Aの繁殖牝馬からは持続SS遺伝SSの種牡馬を使っても、
持続SSの子供が生まれてくることは少ないです。
牧場にに残す繁殖牝馬は持続パラの良い方を優先してください。

・アウトニックスになる遺伝S以上の種牡馬の種付けができる馬
せっかくパラが良くても、相手種牡馬がいないと意味がありません。

良い繁殖が育っていないときの心構え
・長期間走らせないで繁殖に上げてしまう(これに関しては目標に合わせて対応)
・短期間で引退予定なので早熟馬を多く種付け
・遺伝の悪い種牡馬は使わない

・長期間走らせないで繁殖に上げてしまう(これに関しては目標に合わせて対応)うちの場合はGⅠ勝利が目的なので、そのレベルに届いていない馬は早めに引退させてしまいます。次の代に早く夢を託していったほうが生産効率が上がります。もちろんOPが目標なのであれば、OPではちと足りないかなぁと思う馬は、早めに引退させてしまったほうが良いと思います。

・短期間で引退予定なので早熟馬を多く種付け1Sあたりの勝利アベレージを考えると早熟馬の方が高いと思います。繁殖牝馬の質を上げていくことが目的なので、育成期間が短い早熟馬を多めにして生産のローテーションを早めましょう。

・遺伝の悪い種牡馬は使わないよほどの思い入れがない限りは遺伝A以下の種牡馬の使用はやめておきましょう。
良い馬が生まれる確率が低いので効率が悪いです。

全体的に言えるポイント
・色々な系統の繁殖牝馬をつくる。
・公開種牡馬を使って血の偏りを無くす

・色々な系統の繁殖牝馬をつくる。うちの繁殖牝馬を見てもらうとわかりますが、色々な系統の繁殖牝馬を持ちましょう。

血の偏りもなくなりますし、その方がなんとなく生産が面白い(;´∀`)

・公開種牡馬を使って血の偏りを無くすカードや会種牡馬だけだと、アウトニックスがやりにくくなってきます。別の血を入れることで、アウトニックスがつくりやすい血統にしましょう。

上記を繰り返してステキな繁殖牝馬を作りましょう。

そして最後に強い馬生産のための〆の種牡馬選び
・アウトニックス
・距離の適正幅が狭い(タイムの上限が出やすい)
・遺伝S以上(やっぱり理想は遺伝SS)
・自分の勝ちたいレースに合った距離・成長型(もちろん成長が遅い馬でもOK)
・満を辞してロマンを追いかけた生産をするっ!!!
*アビ狙いでEX種牡馬を使うのもアリです

以上(´∀`*)



スポンサーサイト


  1. 競伝豆知識
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<クエストによる個性と助手の関係 | top | モリノセレノッチ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wc00kasamatu.blog.fc2.com/tb.php/23-0addd1b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)