ウイナーズサークルの楽しい日々

【笠松】馬主会ウイナーズサークルの記録




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

個性変化 :: 2012/05/23(Wed)


個性の変化は全ての調教で発生する可能性があるが、その確率は低くレア個性に変化する可能性は更に低くなっている。

「併せ調教」の方が個性変化の確率は高く、レア個性には「併せ調教」でしか変化させる事は出来ない。(参考文献:『競馬伝説Live! 攻略データブック』 2009年初版本)

以下に、個性の変化が起こる条件(タイミング)を記します。


【スピード系】

●韋駄天
 条 件  :スピードが上限まで達しており、なおかつ衰退中ではない
 タイミング:芝調教後 / 併せ調教後

●超特急
 条 件  :スピードが上限まで達しており、なおかつ衰退中ではない
 タイミング:芝調教後 / 併せ調教後

●スピードスター(レア)
 条件:全ての能力がその馬の上限まで達しており、なおかつ衰退中ではない
 タイミング:併せ調教後

【スタミナ系】

●タフネス
 条 件  :スタミナが上限まで達しており、なおかつ衰退中ではない
 タイミング:ダート調教後 / 併せ調教後

●エネルギッシュ
 条 件  :スタミナが上限まで達しており、なおかつ衰退中ではない
 タイミング:ダート調教後 / 併せ調教後

●鉄の心臓(レア)
 条 件  :全ての能力がその馬の上限まで達しており、なおかつ衰退中ではない
 タイミング:併せ調教後


【持続系】

●忍耐
 条 件  :持続力が上限まで達しており、なおかつ衰退中でない
 タイミング:坂路調教後 / ウッド調教後 / 併せ調教後

●ランナー
 条 件  :持続力が上限まで達しており、なおかつ衰退中でない
 タイミング:坂路調教後 / ウッド調教後 / 併せ調教後

●エンドレス(レア)
 条 件  :全ての能力がその馬の上限まで達しており、なおかつ衰退中でない
 タイミング:併せ調教後


【根性系】

●ガッツ
 条 件  :根性が上限まで達しており、なおかつ衰退中でない
 タイミング:一杯調教後 / 併せ調教後

●闘魂
 条 件  :根性が上限まで達しており、なおかつ衰退中でない
 タイミング:一杯調教後 / 併せ調教後

●闘神(レア)
 条 件  :全ての能力がその馬の上限まで達しており、なおかつ衰退中でない
 タイミング:あわせ調教後


【気性系】

●素直
 条 件  :ゲート能力が上限まで達しており、なおかつ衰退中でない
 タイミング:ゲート調教後 / 併せ調教後

●クール
 条 件  :ゲート能力が上限まで達しており、なおかつ衰退中でない
 タイミング:ゲート調教後 / 併せ調教後

●天馬(レア)
 条 件  :全ての能力がその馬の上限まで達しており、なおかつ衰退中でない
 タイミング:併せ調教後


【瞬発系】

●機敏
 条 件  :瞬発力が上限まで達しており、なおかつ衰退中でない
 タイミング:坂路調教後 / 併せ調教後

●電光石火
 条 件  :瞬発力が上限まで達しており、なおかつ衰退中でない
 タイミング:坂路調教後 / 併せ調教後

●神風(レア)
 条 件  :全ての能力がその馬の上限まで達しており、なおかつ衰退中でない
 タイミング:併せ調教後


【パワー系】

●パワフル
 条 件  :パワーが上限まで達しており、なおかつ衰退中ではない
 タイミング:ウッド調教後 / 併せ調教後

●マッスル
 条 件  :パワーが上限まで達しており、なおかつ衰退中ではない
 タイミング:ウッド調教後 / 併せ調教後

●怪物(レア)
 条 件  :全ての能力がその馬の上限まで達しており、なおかつ衰退中ではない
 タイミング:併せ調教後


【体力系】

●丈夫
 条 件  :パワーが上限まで達しており、なおかつ衰退中ではない
 タイミング:プール調教後 / 併せ調教後

●頑健
 条 件  :パワーが上限まで達しており、なおかつ衰退中ではない
 タイミング:プール調教後 / 併せ調教後

●アイアンホース(レア)
 条 件  :全ての能力がその馬の上限まで達しており、なおかつ衰退中ではない
 タイミング:併せ調教後


※併せ調教で個性を変化させる場合、どの個性に変化するのかは分からない
(覚えたアビリティから推察できる・・・馬主会BBS「個性とアビリティについて」を参照)

※変化させたい個性に対して、通常調教のメニューを限定する事で狙った個性に出来る・・・のかな?^^;
(例…ウルトラタフを覚えさせたいので、「体力系」に個性変化させたい→→プール調教だけを繰り返す(笑))

(「ウッド調教」の「一杯」だけを繰り返し行えば、「持続系」「パワー系」「根性系」のどれかになる? w)

☆上記の一覧を見て分かる様に、個性が変化する為にはいずれかの能力が、その馬の持っている能力の限界まで鍛えられている事が、最低条件の様です。
☆また、「衰退中でない」=「ピークを過ぎていない」事も、最低条件なので注意して下さい。


【個性について】

※「ヘルプ」の中の「攻略ガイド」にある「生産編」と「調教編」にも、『個性について』がそれぞれ載っておりますが、ここにも少しだけ記載しておきます。

◆個性は、全部で「8つ」のカテゴリ(系統)がある

◆各カテゴリごとに、それぞれ「2つの個性」と「1つの出現しにくいレア個性」とが有る

◆各個性ごとに、習得できるアビリティーの種類(それぞれ5つ)は決まっている

◆競走馬の個性は繁殖にあげるまで表示される事は無いが、出現したアビリティーが「どこに表示されるか」で、その馬のカテゴリや個性を推察する事が出来る

◆種牡馬と繁殖牝馬の個性によって、産駒に与えられる個性が決まる
(どちらかが「レア個性」の場合には、両親の「名声値の合計」によって「レア個性」が引き継げるかどうかが決まる)

◆種牡馬と繁殖牝馬の個性の組み合わせによって、産駒の能力に影響が発生する

 (例えば、同じカテゴリ同士のインブリード繁殖を行えば、そのカテゴリの能力に「大きなプラス効果」があり、対極にある能力には「大きなマイナス効果」が発生する)

 例:韋駄天(スピード系)同士でインブリード配合を行った場合
   ・スピード(同じカテゴリ)に大きなプラス効果
   ・体力とスタミナに(隣接するカテゴリ)大きなプラス効果~大きなマイナス効果
   ・気性(対極にあるカテゴリ)に大きなマイナス効果


※アウトブリードの場合には、インブリードに比べて 発生する影響は「全体的に小さくなる」傾向がある

※ニックスが発生する場合には、個性による能力への影響は出ない
(ニックス配合が推奨される理由が、まさにこれである^^)

『貴重な血統の馬』や『優秀な能力を持った馬』を、繁殖で将来に繋げたい場合に、「交配させる相手との個性の組み合わせ次第」では、せっかくの能力がうまく産駒に伝わらない・・・逆に下がってしまう・・・現象が起こってしまう可能性があります^^;(ニックス配合であれば、あまり深く考えなくても良いのですが、少ない(もしくは全く無い)血統だったりすると・・・・選択肢が限られてしまいますよね?^^;)

個性変化でどのような個性になった(もしくはさせたい)のか、その辺のことも踏まえながら考えてみるのも良いかもしれませんね^^


スポンサーサイト


  1. 競伝豆知識
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<失敗は罰ゲームのもと | top | アビリティ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wc00kasamatu.blog.fc2.com/tb.php/15-e8a4fc7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。