ウイナーズサークルの楽しい日々

【笠松】馬主会ウイナーズサークルの記録




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

基準タイム :: 2012/05/22(Tue)

馬の速さや能力を表現する時(他の馬と比較する時)に、よく「☆32」とか「アビ7つ」とか言われますが、正直 あまり「ピン!」とこないのでは無いでしょうか?

それよりも、芝1000m(フリレでよく見る距離)を54.6秒で走るとか、芝1600mを1.32.9で走ると聞けば、自分の馬と比較した時に分かり易いかと思います。

こういう風に、それぞれの距離での目安となるタイムが『基準タイム』と呼ばれるものであり、そのタイムを「100」として比較するのが指数です



基準タイム(指数100)
   芝 (m)  タイム(秒) ダート (m) タイム(秒)
  1000   56.5  1000 1.00.5
  1200 1.07.5  1200 1.12.0
  1400 1.20.5  1300 1.19.0
  1500 1.28.5  1400 1.25.0
  1600 1.33.0  1600 1.36.5
  1800 1.45.5  1700 1.44.5
  2000 1.57.5  1800 1.51.5
  2200 2.11.5  1900 1.59.0
  2300 2.19.5  2000 2.03.0
  2400 2.23.5  2100 2.09.5
  2500 2.30.5  2300 2.25.0
  2600 2.39.5  2400 2.31.5
  3000 3.04.5  2500 2.44.0
  3200 3.15.5  2600 2.46.5
  3400 3.32.0
  3600 3.43.5



【指数の出し方】
上の表のタイムと比較して、コンマ1秒速くなる(遅くなる)毎に 指数『100』に対して「1」を加減します。

つまり・・・「1秒」速ければ「10」をプラスし、「1.5秒」遅ければ「15」をマイナスする訳です。

 (例)前述の 芝1000mを54.6秒で走る馬 であれば
   54.6-55.5=1.9秒速い>>>指数100に19をプラスして『指数119』となります


【指数の使い方】
さて、指数はどういう風に使えばよいのでしょうか?

本来は、「自分の馬は どの位のタイムで走らせることが出来るか」を知る物であり、
言い換えるならば「登録しようとするレースで 他の馬に勝てるかどうか」を判断する材料となるものでは無いでしょうか?

自分の馬が『指数80』で、他に「指数115』の馬が登録していれば、勝つのが難しい=出走は回避した方が無難では無いか・・・と言う訳です^^;

また、これを利用して「レースの勝ち馬」を予想して馬券を買うことも出来ますよね?^^

出走登録している馬の中で、「一番指数の高い馬」が「一番速い馬」・・・とも言える訳ですからw

しかしながら、枠の関係や馬場の状態・前走とのからみ等もあり、そのまんま安直に考える訳に行かないこともあるので、あくまで判断材料の一つと考える様にしましょう。

【レースタイムと補正について】
それぞれの馬を比較する際に、気を付けなければならないのが「前走の馬場状態」です。

晴れた日の「良馬場」と雨の日の「不良馬場」では、当然ながらタイムに違いが出る訳なんですね^^;

そこで『馬場補正』を使いましょう。

馬場状態で「良馬場」を基準とするならば、

 馬場状態で「良馬場」を基準とするならば、

        芝            ダート
    良   ±0.0      良   ±0.0
    稍重 +0.5      稍重 -0.5
    重   +1.0      重   -1.0
    不良 +2.0      不良 +0.5


指数を求める計算式は
100+(基準タイム+馬場補正-走破タイム)×10


このように、持ちタイムの秒数に加減してから比較します。

※あくまで他の鯖で使われているものであり、笠松で使うには若干の補正が必要かも知れません^^;

※ダートでは「稍重」や「重」が「良」馬場に対して速くなるのは、砂が湿って(締まって)走り易くなるからです。
(海岸では波打ち際の方が、走り易い(歩き易い)ですよね?)

【レースタイムと補正について】
他にも、注意しなければいけない補正などがいくつか有ります。

 『不利枠の影響』
逃げ・先行の場合は外枠に近い程、差し・追い込みの場合は内枠に近い程 不利になります。

不利枠に近い枠順で出走すると、思うようなレースが出来ずに 本来の実力が十分に発揮できない可能性が高くなります。

※気性が高ければ、不利枠の影響を受ける可能性が若干低くなるらしい


 『ウルトラタフ』
アビリティーの「ウルトラタフ」を持った馬は、夏場には7大要素(能力グラフの左側)が全て「SSクラス」になる可能性が高くなる。
※ゲート能力を除く

つまり、夏場の間だけはスーパーマンになるわけですw
(私の馬はスッパマン(古っ^^;)になりますが・・・w)

このような馬は滅多に居ない・・・はずなんですけどねぇ^^;


【レースタイムと補正について】

 『テッポウ補正』
以下の条件全てに該当する場合、若干のプラス補正が発生する可能性があります。

・前走との間隔が12週以上
・競走馬の成長状態が「成長中」
・調子のグラフが頂点に近い状態
・気性がA以上


 『上がり馬補正』 
以下の条件全てに該当する場合、若干のプラス補正が発生します。

・前走との間隔が8週以内
・前走の結果が3着以上
・成長型が早熟、超早熟以外
・競走馬の成長状態が「成長中」
・調子のグラフが頂点に近い状態

※前走の結果が良い程、また、成長スピードが遅い程プラス補正効果が高くなります。


【レースタイムと補正について】

 『斤量補正』 
54kgを基本値とし、少ないほどプラス補正が、多いほどマイナス補正が発生します。
また、斤量が56kg以上で以下の条件に該当する場合は、上記補正以外に
さらに若干のプラス補正が発生します。

・体力がC以上
・調子のグラフが頂点に近い状態

※このプラス補正は、体力が高いほど効果が高くなります。


 『牝馬補正』 
2000メートル以上の牡馬・牝馬混合レースにて、
牝馬に対して若干のマイナス補正が発生する可能性があります。


 『馬経験値』 
競走馬には経験値のパラメータが存在しており、レースのクラス毎で
競走馬の能力・経験値・騎手能力の影響度が異なります。


【レースタイムと補正について】
他にも、「ディープ蹄鉄」やら「馬の弱点(苦手)」なども有るのですが、さすがに他人の馬のこんな処までは知る術が無いので割愛します^^;


※以上の事柄は、あくまで「このゲーム内」で有効であり、現実のリアル競馬では ほとんど役に立たない知識 で有ると言えます^^;

しかしながら、ゲーム上ではかなり大きな影響力がありますので、知っておいた方が色々と有利になるでしょう^^b

特に、大穴馬券で「一攫千金」を狙いたいのであれば、それぞれの馬の能力をしっかり把握して、的確な馬券を買う様にしないといけない訳なのです^^

そんな訳で・・・

さあ、皆さんも練習のつもりで、現在行われている馬主会イベント「GCSSロト」や「G1ロト」に積極的に参加してみては如何でしょうか?^^

(以上・・・宣伝でした~w)


スポンサーサイト


  1. 競伝豆知識
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<アビリティ | top | 会POG12S-13S 第2区結果発表>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wc00kasamatu.blog.fc2.com/tb.php/12-f6fd8e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。